50日目:経過観察(腫瘍マーカー検査)

精巣がん闘病記
Processed with VSCO with a6 preset

退院してから約4週間、経過観察のため、腫瘍マーカーの検査を行います。

私の精巣腫瘍は、いわゆるノンセミノーマ(非セミノーマ)でした。
脈管侵襲があるため、精巣腫瘍の診療ガイドラインによると高リスク群となるようで、
現在のところ転移してなくとも再発の可能性は50~75%と非常に高く、
化学療法(抗がん剤治療)を行って完治を目指すことになりそうです。

マーカー値の沈静化を待って、化学療法の入院治療の計画をたてる見込みです。

腫瘍マーカー値
AFP:15.4
β-hCG:沈静化済

AFPは15未満で沈静化したと見なせるそうなので、次週が最終となりそうです。
どういった経緯でマーカー値が下がったかのグラフは今回はお休みです。

次からはBEP2コースの入院治療になると伝えられていますが、
まだいつから入院かは決まっていません。

仕事やプライベートの予定もあるので、入院日だけでも決めたかったのですが、
この日は主治医の先生が急用で不在にされていたので、次週持ち越しとなりました。

病院で年越しは、嫌だなぁ…

コメント

タイトルとURLをコピーしました