16日目:カテーテル抜管

精巣がん闘病記

点滴で水分をとって、カテーテルで小便をだし、傷口からはドレナージ、
という植物人間で二晩を過ごした翌朝、今日はようやくカテーテルが外れる日です。

まずは手術後の経過をみるために朝食前に血液検査がありました。
効果が見られなければすぐ化学療法に入らなければなりません。

そしてお昼を過ぎたあたりに、医師なのか看護師なのか分かりませんが、
カテーテルを抜きに来られました。

あれ、朝ご飯とお昼ご飯は…?
うう…お腹すいた….

はい、じゃあカテーテル抜きますね~~~~~~~~~~~~~~~

えちょ待tおfyいr\\tai痛あtいあdcいんふぁえm

~~~はい!終わりでーす。
トイレに自力で行かなきゃいけないので、
あとで歩く練習しましょうねー!

あ…りがとうございました..

思い返すのもおぞましい感覚でした。
この世にはあれを快楽に思う変態もいるらしいですが、
頭いかれてんじゃねえのと思います。

二度と経験したくありません。
泌尿器は大切にしよっと………..

そして歩く訓練は、猛烈な痛みとの戦いでした。
腹に10cm強の切り傷があるのに、歩けるわけ…ない…
というわけで痛み止めの薬を投与され、し尿瓶を渡されてしまいました。
尊厳を守るためにもお漏らしだけは避けねば…

そして、ようやくの、48時間ぶりの食事です!

わーい!久々のごはん!
空腹は最高のスパイスって言うし、めっちゃおいしーーーー
 
ーーーーくない!!
病院食が…おいしくなさすぎるよ…

これからの入院生活、何を楽しみに生きてゆけと言うのか…

あとで分かった、この時点での腫瘍マーカー値
AFP:900(手術前は1600)
β-hCG:120(手術前は550)
LD:191(手術前は203)
手術後36時間程度だとしたら、だいぶ下がってますね…!

コメント

タイトルとURLをコピーしました